ニュース

■イントロダクション
2.5次元舞台の『少年陰陽師 現代編』(KADOKAWA)の脚本と演出の藤原良と田中優樹のタッグによる朗読劇!

『家族』をテーマにした心に染み渡るお話と爽快な大逆転劇のお話をお届けします!

『家族のはなし』
娘・史央里と日頃からLINEで会話をしている母・真紀子。

ある日、史央里から送られてきたメッセージに対して本能的に不信感を抱いた真紀子は「これは娘からじゃない」として謎の送信者の存在を模索すると同時に「娘は誘拐された」と推測した。

娘の所在は明らかではなかったが、依然としてLINEでの会話が続いていた事から警察は誘拐事件とは見なさずに、真紀子は虚言者扱いされて社会から孤立していく・・・

『手紙』
大学生の岸田雅美は大学生活の思い出に「親孝行」をしたかったが、自らが背負った過酷な運命の歯車によって、人生計画が大きく狂ってしまう。

唯一の理解者である八木静香は雅美の想いを達成させようと懸命に疾走するが、あと一歩のところですべてがもろくも消え去ってしまう。

それでもふたりは諦めずに明日を信じて、ひとつの行動を開始する。予想できない未来に向かって・・・

『デートの事情』
レンタル彼氏をしている大盛 太(おおもりふとし)に新しい依頼が。

現地でお客となる馳本小夜と落ち合うがまずひと悶着。そして仕事内容はデートではなく、小夜の兄に太を彼氏として紹介したいということ。

内容自体はよくある依頼だが、話を進めていくうちにどうやら大変なことに巻き込まれそうになっていると気がつく。しかし、小夜が提示した特別ボーナスほしさに依頼を受けることに・・・

■ユーキースショーケースとは
ユーキースショーケースは、将来、映像や大きな舞台で活躍する人材を発掘するプロジェクトです。

映画『ポケットモンスター』シリーズ、TVアニメ『ベイブレード』シリーズなどの脚本で知られる園田英樹さん、テレビドラマ『モーサテ 突然ですがピンチです』(シーズン1~5)や、2.5次元舞台『少年陰陽師 現代編』(KADOKAWA)などの脚本を手掛けた藤原良さんの脚本を中心に公演しています。

■場所:
STUDIOユーキース 
東京都中央区八丁堀2丁目1-9 川名第二ビルB1
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A5出口から約4分
都営地下鉄浅草線 宝町駅 A8出口から約3分

公演日程
6月20日(土)12時 15時30分 19時
6月21日(日)12時 15時30分 19時

■出演者
泰勇気(20日のみ)
星達也(21日のみ)
松田翼

荒木篤美
藤川彩夏
鈴枝彩
咲楽渚

■公演作品
『家族のはなし』
『手紙』
『デートの事情』

■登場人物
『家族のはなし』
稲本 真紀子(母親) 
稲本史央里(娘) 
根本 雪枝(同僚の事務員) 
佐々木秋穂(近所のママ友) 
澤村刑事(刑事)  
島田 洋介(父親)

『手紙』
岸田雅美(主人公)  
八木静香(ヘルパー)  
飯島恵理子(大学職員)
新田秀斗(大学職員)

『デートの事情』
馳本小夜(妹・市ノ川小夜) 
大盛 太(職業アルバイト)
市ノ川明彦(兄・市ノ川ホールディングス新当主)

■チケット料金(全席自由席)
前売り:3,500円
当日 :4,000円

■チケットフォーム
CoRich(こりっち)


■STAFF
脚本       :藤原 良
演出       :松下軽美
総合プロデューサー:田中優樹
プロデューサー  :小川 進(TOffice)
制作       :TOffice/ユーキース・エンタテインメント
企画       :ユーキース・エンタテインメント

■問い合わせ
こちらよりお問い合わせください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。