ニュース

イントロダクション
■はじめに
インプロ(即興演技)コメディは、いま日本の演劇界においてもブームの到来を予感させています。

テレビ界でも『すじなし』などの番組で即興演技が一つのエンターテイメントとして認知されてきました。 吉本興業は、アメリカの即興劇団セカンドシティと提携して、セカンドシティジャパンとして芸人による即興コメディショーをはじめています。

世界の演劇界では、かなり以前からインプロのショーは一般的になっており、日本でもこれからどんどん認知されていくと思われます。

日本の演劇界で『インプロ』という名前を使うようになったのは、約二十年くらいまえのことです。 それまでも演劇の世界では即興演技のことを『エチュード』(フランス語で「稽古」の意味)と呼んで、稽古場での一つの練習として行われていました。それをアメリカやイギリス、カナダなどの先駆者たちが体系的に研究し、よりスムースに即興演技が出来るようになる方法をつみあげてきたのです。

そしてそれをコメディのショーとして見せたり、即興ミュージカルとして上演するまでなりました。台本、脚本がなくても、まるでそれがあるかのような芝居をつくりあげたり、失敗しても客は、それが即興で行われていることを知っているので、その失敗をも笑って楽しめるショーになるのが、インプロのよさでもあります。

園田英樹は脚本家として約35年ほどテレビ映画などの最前線で仕事をつづけながら、演劇活動も同時にしてきたのですが、同時にこのインプロというジャンルも早くから研究をつづけてきました。 自分でもプレーヤー(インプロでは俳優のことをこう呼びます)として即興芝居をつづけながら、インプロの指導者としての経験もつんできております。  

ショーの構成としては、ワークショップの中でインプロを元にしてつくりあげるスケッチコメディ(短編芝居)と、完全即興のシーンを融合させたものにしようと考えています。

舞台はもちろん、映像の俳優としても、即興力は重要です。これからは台本のある芝居においても、そこに即興力をプラスして独自の魅力ある演技をする俳優が求められる時代になってきます。

今回の企画に参加してくれる俳優さんたちにとって、ぜったい有意義なものとなるはずです。

この企画で集まったプレーヤーたちを中心に、新しい日本の即興コメディチームができたらいいと思います。一緒に、日本の演劇界に新風を吹き込みましょう。

脚本・演出家、園田英樹

ovobNEXTとは?
ovobはインプロライブとして約5年の歴史をもつ即興パフォーマンスチーム。

監修は映画版ポケットモンスターシリーズやアニメ「ベイブレード」シリーズなどの脚本家の園田英樹さん。キャプテンは現在テレビ東京で放送中の朝のビジネスドラマ「モーサテ 突然ですがピンチです」にレギュラー出演の大迫洸太郎。

今回、ovobNEXTとして即興ミュージカル、ペーパーズなど人気のフォーマットでお届け!!

ユーキースショーケースとは
ユーキースショーケースは、主に映画ポケットモンスターやTVアニメ「ベイブレード」シリーズの脚本家、園田英樹さんの台本で新人俳優・女優中心の舞台公演をしています。

企画・制作はテレビ番組、商業演劇、2.5次元演劇を多く制作しているユーキース・エンタテインメントと、ゲームのキャスティングや宣伝、多くの2.5次元演劇の制作に関わったTofficeです。

このショーケースでは、今後制作する映像、舞台に出演できる実力をもった俳優・女優を育成、発掘することを目的としています。

場所:STUDIOユーキース 
東京都中央区八丁堀2丁目1-9 川名第二ビルB1
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A5出口から約4分
都営地下鉄浅草線 宝町駅 A8出口から約3分


公演日程

11月2日(土)12時18時
11月3日(日)12時18時
11月4日(月)12時18時


出演(五十音順)

大迫洸太郎(2日12時・18時/3日12時・18時/4日12時・18時)
齋藤映美(2日12時・18時/3日12時・18時/4日12時・18時)
篠目ゆき(2日18時/4日18時)
武井美緒(2日12時・18時)
長尾渚沙(4日12時・18時)
鶴岡和輝(2日12時/3日12時・18時/4日12時)
花里サチホ(2日12時/3日12時)
吉田隆大(2日18時/3日18時/4日18時)

チケット料金
前売り:3,000円
当日 :3,500円
(全席自由席)

ovobNEXTチケットお申込みはこちら
STAFF
監修・・・・・・・園田英樹
ピアノ・・・・・・日向ぼっこ
プロデューサー・・田中優樹
制作プロデューサー・・・小川進/宍戸研介
制作協力・・・・・TOffice
企画製作・・・・・ユーキース・エンタテインメント/TOffice

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。